世界を斜め下から見る

色んなモノの感想を書く。

ゲームを作ろうとして、挫折した話

ゲームが好きな人だったら1回は夢見ること。
f:id:regless:20171124121534j:image

 

自分でゲームを作ろうとしたことがあります。

 

というか、途中までは作りました。

 

フリーソフトで、ドット描画基調のゲームを作ることができるものがありまして。

 

しかし、挫折しました。

 

ゲームを「遊ぶ」と「作る」ではここまで差が大きいものかと実感させられました。

 

自分の技術と理想の乖離が激しくて絶望したり、10時間かけて作り上げたものは5分でクリアできるもので、大作なんて無理だと絶望したり。

 

でも、叶わないと分かると妄想がまた捗って理想が大きくなって、それは作れないとわかって絶望する。

 

改めて、ゲームを作るということは、信念と、お金と、人と、技術と、根性が必要なんだと理解しました。

 

そして、それを持つゲームクリエイター、ゲームメーカーさんを尊敬します。

 

これからも、ゲーム楽しみます。

 

それでは、今回はここまで。